英検、漢検満点賞

英検、漢検に満点賞があるのはご存知ですか? 漢検は合格証に満点と記載され、英検は合格証とは別に賞状とバッジが贈呈されます。写真は谷戸校で満点賞を取った塾生のものです。How excellent!

この満点賞は英検、漢検の準会場であり、多くの受験生を見ている我々でさえもなかなかお目にかかれません。この嬉しいお知らせが届いた本日。入塾相談にいらした保護者から、奇しくも「漢検の満点賞を各級で毎回取り続けている」というお話を伺いました。しかも本人が自主的にそれを狙って勉強しているのだそうです。合格するだけに留まらずに毎回満点を目指して臨んでいるなんて、大変素晴らしい志ですね。 日本では欧米のような学校の飛び級制度が確立されていませんが、英検、漢検、プログラミングなどの資格ならば年齢制限はありません。そもそも知的探究心に年齢でキャップを設ける必要など無いのですから、このような資格を目指すことは子供たちの可能性を拡げる好機となります。もちろん谷戸校でもこれらを大いに推奨しています。 ◇英検 小4で英検5級 中1で英検3級 中2で英検2級 ◇漢検 小3で漢検5級 小6で漢検3級 中2で漢検2級 これらは全て谷戸校の塾生の合格実績です。 昨年から増設した特進クラス(都立自校作成校か私立上位校志願者のみのクラス)では、英検、漢検2級以上の取得を必須とすることにしました。また、既に英検2級まで取得している新中3生は、本人が意欲を見せたので準1級を目指すことになりました。塾生ではありませんが、現役高校生でプログラマーの知人は起業して資金調達に成功し、面白いサービスをローンチしました。彼は大人顔負けの天才プログラマーです。 「起業するのは社会人になってから」、「中3までに準2級を取っておけば安心」など、知的探究心を制限したり、固定概念を持たせてしまうのは常に大人です。本来、子供の可能性は無限にあります。学びにキャップを設けない。固定概念を持たせない。かく言う私も、英検、漢検は合格最低点さえ取らせれば良いという固定概念を改め、満点賞を目指す指導を心がけようと自戒した日になりました。塾生に満点バッジが溢れますように。


谷戸校(田無、ひばりが丘)より