KBS(慶應義塾大学大学院経営管理研究科)に行ってきました。

とあるプロジェクトに携わることになりまして。その相談がてら、准教授をやっている同窓生に会いにKBS(慶應義塾大学大学院経営管理研究科)に行ってきました。


日吉には慶応義塾高校、慶応義塾大学と、KBSが併設されています。ついでに各施設を案内してもらいました。(写真をもっと撮っておけば良かったですね)ちなみに、KBSは、MBA(経営学修士)を取得したい学生や社会人が学ぶ場所です。その他、会社経営者や企業の重役向けのエグゼクティブセミナーなども多数実施されているとのことです。



将来、経営者に興味がある人は選択肢の一つにしても良いですね。現況を伺う限り、縦の繋がりも然ることながら横の人脈作りにも最適な環境だと感じました。そんなこんなで今年の夏は気温も生活もいつも以上に暑い夏を過ごしております。

谷戸校(田無・ひばりが丘)より

最新記事

すべて表示

家庭での日常の会話は学習意欲をつくる貴重な機会 ベストの教室には以下の言葉一覧が掲示されている教室があります。子供が嫌いな親などいませんが、毎日の忙しい生活のなかで、ついつい子どもにマイナスの言葉を投げつけてしまいます。あとで反省することも多いのですが、思わず言ってしまいますね。  「早くしなさい」「いい加減にしなさい」「何やってるの」などなど。しかし、当たり前ですが、子どもたちもこうした言葉では

以前にこんな記事(言の文)を書きました。今回はその好例を。 今月からパズル道場に通い始めた私立に通う小2の女の子。彼女が発する言葉に私はいつも感心します。問題を解く時、世間話をしている時、「好き!」、「やってみたい!」、「面白いね!」、「得意!」、「楽しい!」などといったポジティブワードが本当に多いからです。「やだ!」、「無理!」、「面倒臭い」などのネガティブワードを彼女の口から一度たりとも聞