慶応義塾がIT入試を導入

慶応義塾の村井先生の興味深い記事がありました。

慶応が「IT入試」を導入する深い事情(引用元:東洋経済オンライン)

IT関連の職に興味がある生徒さんならば、村井純先生がいらっしゃるということだけでも慶応義塾に行く価値を見いだせると思います。

常に未来を見据えてお話をしてくださるので、授業や著書は大変勉強になります。

私の前職の会社で取締役に名を連ねていらっしゃったことや、e-learning関連でもお世話になりました。

中学でも技術家庭で「情報」の授業は(ほんの少しだけ)学習指導要領に入っています。

内容や効果のほどに関する個人的な見解はさて置き、これから更に楽しい時代がやってくるよう、微力ながら私自身も努力していこうと思います。

これは私が塾事業に戻ってきた最もやりたいことの一つですから。

ご参考まで。

西東京市谷戸校(ひばりヶ丘・田無)より

最新記事

すべて表示

家庭での日常の会話は学習意欲をつくる貴重な機会 ベストの教室には以下の言葉一覧が掲示されている教室があります。子供が嫌いな親などいませんが、毎日の忙しい生活のなかで、ついつい子どもにマイナスの言葉を投げつけてしまいます。あとで反省することも多いのですが、思わず言ってしまいますね。  「早くしなさい」「いい加減にしなさい」「何やってるの」などなど。しかし、当たり前ですが、子どもたちもこうした言葉では