平成29年度都立高校推薦入試の倍率速報

平成29年度都立高校推薦入試の応募倍率について

東京都教育委員会より平成29年度の都立高校推薦入試の応募倍率が発表されました。 (ご参照:東京都教育委員会サイト)全日制課程の応募者数は27,274名で、前年より300名ほどの減少です。そのため、応募倍率は前年を若干下回る3.00倍(前年度3.03倍)です。 西東京市谷戸校の通学圏内の都立高校では、新宿高校、大泉高校、西高校、武蔵高校、武蔵野北高校、小金井北高校、清瀬高校などが倍率を上げております。また、前年よりも下げているものの、青山高校の女子は8.15倍と相変わらずの高倍率です。一方、戸山高校、国立高校、井草高校、久留米西高校、久留米総合高校などは微減しています。 推薦入試を受験する塾生は、明日の授業で推薦入試への取り組み姿勢について改めて共有しましょう。 西東京市谷戸校(ひばりヶ丘、田無)より