令和3年度(2021年度)都立高校入試の変更点(出題範囲の削減など)詳報

新型コロナウイルス感染症のため中学校等が休校していたことを踏まえ、文部科学省より、高校入試の出題範囲や内容に配慮を求める通知が出されました。それをうけまして東京都教育委員会より、都立高校入試における具体的な配慮事項が発表されています。 前後に公表されている内容も踏まえ、変更点や出題範囲の削減(除外)など、ご留意いただきたい点は下記5点です。 <令和3年度(2021年度)都立高校入試のご留意事項> 1.令和3 年度の都立高校入学者選抜の検査実施日が決定(令和2年度と同日)

  • 都立高校推薦入試日:1/26、1/27

  • 都立高校一般入試( 第1次募集・分割前期募集)日:2/21

2.文化・スポーツ等特別推薦の判断基準の変更

  • 「推薦の基準」に、大会の実績や、資格・検定試験等の成績に関わる内容を含めず、「実績等を証明する書類等の写し」の提出も求めない。

  • 選考は、当日の実技検査を重視した方法が採られます。

3.中高一貫校は都立共通問題を使用(グループ作成問題を使用しない)

  • 対象となる高校は、大泉高校、白鴎高校、両国高校

  • 武蔵高校、富士高校は来年度より高校の募集を停止

4.英語スピーキングテストの導入は1年延期

  • 都立高校入試での本格実施は現中1生からになる予定

  • プレテストは順次実施される

5.一般入試の出題範囲の減少(一部の除外)

  • 国語:中学3年生の教科書で学習する漢字

  • 英語:関係代名詞のうち、主格のthat、which、who及び目的格のthat、whichの制限的用法 ※ 同様の働きをもつ接触節も出題しない。

  • 数学:中学3年生で学習する内容のうち、次に挙げる内容 〇 三平方の定理 〇 標本調査

  • 理科:各分野のうち、次に挙げる内容 〇 第1分野 ・ 『運動とエネルギー』の「力学的エネルギー」 ・ 『科学技術と人間』 〇 第2分野 ・ 『地球と宇宙』の「太陽系と恒星」 ・ 『自然と人間』

  • 社会:公民的分野のうち、次に挙げる内容 〇 『私たちと経済』の「国民の生活と政府の役割」 〇 『私たちと国際社会の諸課題』

(ご参照:東京都教育委員会ホームページ「中学校等の臨時休業の実施等を踏まえた令和3年度高等学校入学者選抜等における配慮事項について」) 上記につきまして、現中3塾生の保護者の皆様へは、来週27日(土)開催の「オンライン高校入試説明会」にてベスト自修館の対策を含めてご案内差し上げます。 谷戸校(ひばりヶ丘/田無)より